• 敏感肌のクレンジング方法

    敏感肌とは、肌のバリア機能が低下していることで刺激に弱くなっている肌の状態のことをいいます。

    肌のバリア機能が低下しているため、いつも使っている化粧品やシャンプーで赤くなってしまったり、髪の毛や衣類の接触だけでも反応してしまうことがあります。
    そんな敏感肌の時に肌の負担になってしまうのが、クレンジングです。メイクを落とす時に必要なクレンジングですが、界面活性剤など強力な洗浄成分が入っていることによってクレンジングを行うことで皮膚に必要な皮脂まで落としてしまいます。

    必要な皮脂まで落としてしまうと肌が乾燥してしまい、余計に肌のバリア機能が低下してしまうという悪循環になります。

    それを避けるためにも敏感肌の状態でクレンジングする場合には、ジェルやクリーム、乳液タイプなど肌への負担がかからないようなタイプのものを選ぶことが大切です。

    クレンジングを行う場合には、肌に負担をかける時間を短くすることが重要で、なじんだと思ったらすぐに洗い流すようにしていくことで肌への負担を減らせます。

    おすすめの敏感肌の化粧水がさらに話題になりそうです。

    どのタイプでもなるべく界面活性剤が少ないものか入っていないものを選んでいきます。拭き取るタイプのものは肌への負担となってしまうため、洗い流すタイプのをものを選んでいくことがオススメです。



    敏感肌を改善するためには、水で洗い流すことのできるタイプのメイクを使ったり、肌の潤い成分が補うことのできるセラミドを利用するなどをしていくことも大切となります。